打ちのめされた

しばらく書けなかったが、
1-2週間ほど前、保育園のお迎えに行った時のこと。

予定では、18時過ぎに迎えに行けるはずでした。
しかし、なかなか仕事先から出られない。
車の渋滞もあり、時間はどんどん経っていく・・・。

18時半がひとつの目安。

なぜなら、
18時半に補食があるのです。


補食は、当日15時までに頼まなくてはなりません。


「早く迎えに行かなくては・・・!」


結局お迎えに行けたのは、18時35分。


走って、遊戯室のドアを開けると、
ちびちゃんは、ドアの前でふせって泣きじゃくっていました。


「ああ、やっちゃった。」


鼻水、涙、入り混じり、大泣き。


この時間に残っているお友だちは、
奥のテーブルでサンドイッチを食べていました。


「一緒にお茶を飲もうと声をかけていたのですが・・・」と、先生。

先生が悪いんじゃない。
これは「決まり」だ。


「ごめんね、ごめんね。ママが悪かったね。」
「ママ、わるい。」と一層大泣き。

「補食頼んでおけばよかったね。ごめんね、ごめんね。」


もう周りを気にせず、ただ抱きしめるしかなかった。


本当に可哀想なことをしてしまった。


翌朝、「保育園、行かない」と言ったちびちゃんに、
ママは、また打ちのめされた。

一歳児まだ泣く

ペンギン組になって早半月以上が経ち、
それでも朝の戦争は変わらない。

「保育園、お休みする」
などと言うので、すごいのですが。

保育園到着時は、未だに泣きます。
特に休み明け。


「今日は、保育園のあと、お兄ちゃんのうちに行くよ。」
「ママ、いない。」
ファミリーサポートのおうちは大好きだけど、ママがお仕事だと知っている。


「お兄ちゃんのうちには、パパが迎えに行くからね。」
「ママ、いい~。」
パパのお迎えを否定。


本当によく言葉を理解している一歳児でした。


posted by new-mom at 12:05Comment(0)日記

ぺんぎん組のお姉さん

DSC_1393.JPGDSC_1396.JPGDSC_1395.JPG
4月からぺんぎん組に進級したちびちゃん。
らっこ組には、新たにゼロ歳児が。
赤ちゃんが大好きなのですが、まだ一緒に遊べる状態ではなさそうです。

保育園が認可保育園に移行し、
場所も変わりました。
広くなり、新規おもちゃが増えたせいか、
朝の送りで泣かなくなりました。

お姉さんになったのか。


家に帰り、ひとりで何か描いていると思ったら、赤や黄色や緑など数色のペンやクレヨンを駆使して、丸の集合体を描いていました。

なかなかの芸術😊

DSC_1394.JPG
posted by new-mom at 03:45Comment(0)日記