おもらしの巻

ちびちゃんは、歩くのも早かったし、
オムツがとれるのも早かった。

3歳を迎えてから、おもらしやオネショをしたのも2回しかなかった。


そんは優秀(?)なちびちゃんが保育園でうんち💩でパンツを汚してしまったのだそう。
そして、泣いてしまったとのこと。

きっと何か悪いものを食べて下痢になってしまったに違いない!

「保育園でうんち出た?」
「うん。2回も出たよ。
やはり…!
「水みたいな軟らかいうんちだった?」
「ううん。固くてコロコロ。」
「え?じゃあ、どうしてパンツの中にしちゃったの?」
「恥ずかしいから言わない。」
…。
「ママだからいいじゃん。おしえてよ。」
「うん。お昼寝まで我慢しようと思ってたの。」
「恥ずかしいから?」
「うん。」
「そしたら、間に合わなかったの?」
「うん。」
「いつも言ってるけど、うんちは恥ずかしいことじゃないんだよ。うんちが出なくて病気になるほうが大変だよ。」
「わかった。」


「○○くんは今日うんちもらしちゃったんだよ。」
いつもママに保育園での出来事を話していたが、
お友だちの前でさぞかし恥ずかしかったことでしょう。


眠るときギュッと抱きしめて、
「スキスキ」をしました。

posted by new-mom at 23:44Comment(0)日記

ストレスの原因

最近イライラすることが多い。
口ぐせは、
「全然いいことがない~😢」


自分なりに分析してみた。

確かに「いいこと」はない。


1、新型コロナウイルス感染症の影響で事業がボロボロ(毎月の赤字は、本業の給与月額の1.5倍という悲惨さ💧)

2、新型コロナウイルス感染症のため、保育園に毎日登園できないちびちゃんがいるため、やらなくてはならない仕事がまったくできない。

3、お金がないため、節約に節約を重ねている。

4、仕事する時間すらないので、当然自分の時間が全然なく、爪すら切れない。

5、年齢のせい
→ 分析するに、更年期ではなく、気がつくと、まわりの人が自分より年下で、仕事のやりとりを年下の人たちとしていたことに気がついた。
聞く耳を持たない若い人たちとの対話に寛容になれない自分がいた。


ああ、せめて一つでも解消できれば…!


posted by new-mom at 23:32Comment(0)日記

頑張ってもできないこともある

相変わらず、食事の時間が長いちびちゃん。
「長い針が4のところまでで終わりだよ。」
小さく切ってフォークに持たせる。
工夫はするものの、やはり止まる。

口の中に食べものを入れたまま飲み込まない。
どんどん入れてリスのように膨れ上がる。

今日の夕食は、なんと1時間半もかかった💧


遅いのは、食事だけではない。
着替えだって、片付けだって、
何回も言わないとやらない。動かない。

当然、夜眠る時間も遅くなる。


「こんなに悪い子だと困るよ。明日ばばのうちに泊まりに行きなさい。」
「行かない!」
「じゃあ、直そう!」
「わかった、直す。」
「明日から頑張ろうね。ごはんを早く食べる。ごはんの時は立たない。着替えも早くする。歯みがきのときも動かない。片付けもする…。こんな遅くに寝るお友だちはいないよ。」

ニヤッと笑うちびちゃん。
「全部はできない。」
「え?頑張ろうよ。」
「頑張ってもできないこともある。」

ええ~っ💦
この3歳児、どこでそんな言葉を覚えたの?!


血は濃い…。


posted by new-mom at 00:25Comment(0)日記