おもらしの巻

ちびちゃんは、歩くのも早かったし、
オムツがとれるのも早かった。

3歳を迎えてから、おもらしやオネショをしたのも2回しかなかった。


そんは優秀(?)なちびちゃんが保育園でうんち💩でパンツを汚してしまったのだそう。
そして、泣いてしまったとのこと。

きっと何か悪いものを食べて下痢になってしまったに違いない!

「保育園でうんち出た?」
「うん。2回も出たよ。
やはり…!
「水みたいな軟らかいうんちだった?」
「ううん。固くてコロコロ。」
「え?じゃあ、どうしてパンツの中にしちゃったの?」
「恥ずかしいから言わない。」
…。
「ママだからいいじゃん。おしえてよ。」
「うん。お昼寝まで我慢しようと思ってたの。」
「恥ずかしいから?」
「うん。」
「そしたら、間に合わなかったの?」
「うん。」
「いつも言ってるけど、うんちは恥ずかしいことじゃないんだよ。うんちが出なくて病気になるほうが大変だよ。」
「わかった。」


「○○くんは今日うんちもらしちゃったんだよ。」
いつもママに保育園での出来事を話していたが、
お友だちの前でさぞかし恥ずかしかったことでしょう。


眠るときギュッと抱きしめて、
「スキスキ」をしました。

この記事へのコメント