感染が怖い

1月から帰宅しないパパ。

3月の中頃に2か月以上ぶりに帰ると、
いきない超臭いおならをして、家中を充満させた。

そして、あろうことか
「熱がある」と言い出した。


「今すぐ帰って!」


立場上、うつらない、うつさないために衛生管理を徹底してきた母と子。
2か月ぶりに帰ってきた父親にうつされてはたまったものではない。


「仕事も行くのやめなさい。」

ところが、熱がひいたパパは、
動き出した。
何度言っても怒鳴ってもダメ。

無症状で感染させているのは、
この人でないかと思う。


それから2週間と少し。
パパはまた帰ってきた。


ほんの1時間子どもの面倒をお願いし、仕事を片付けると、
公園に行って遊具をたくさん使って遊んできたと言う。

「三輪車でまわってくるんじゃなかった?」
遊具を使ったとき用に持たせたアルコールはテーブルの上に置きっぱなし。
持たせたウエットディッシュも、もちろん使っていない。

おまけに滑り台は、
何度も寝て滑ったそうだ。

それを聞いたのは、子どもの口から。
しかも帰宅後何時間も経過してから。


気絶しそう。


やはり母子で過ごすべきだった。





この記事へのコメント