待機児童問題は深刻だ

いわゆる「保活」をしていたときから思っていたことだけど、
大事な子どもを預ける保育園に「選択肢」がないことはかなりの問題。


希望はいくつも出すけれども、
入園できるかわからない。

入園できたとしても、
転園できない。


こんなバカバカしいことはない。


保育事業者は一生懸命なところもあるだろうけれども、
そうでなくても殿様商売になる。

なぜなら、競争原理がまったく働いていないから。


だから、保育士の虐待があってもなかなか表に出ない。


実は、
親は大抵のことに気が付く。

なぜなら、自分の子どものことだから。


「この先生は不平等。」
「この先生は感情の起伏が激しい」など。

しかし、明らかに出るまでは、
親はじっと我慢する。


これは、決して子どものためにならない。


この記事へのコメント