外食できるよ

これまで何度となくTRYしてきた外食。

もちろんファミレスなどの広い席。


初めて行ったのは、
1歳になったばかりの頃だったか。

葛西臨海公園の中にあるホテルシーサイドのレストラン。


悲惨だった。


食べ物のこぼし方は尋常じゃないし、
床に寝っ転がる、
カーテンを引っ張る、
窓には指紋と唾液たっぷり。

床に落ちたものを口に入れた。


「ああ、やはりベンチかどこかで食べるべきだった・・・。」


2回目は、
サラダバーがあるステーキ屋さん。


席ごとに仕切られたパテーションから
顔を出し、手を出し、お隣の人に迷惑をかけた。

食べられるものがなく、
ほとんど口から吐き出した。


飽きてしまったちびちゃんは、店内を走り回った。

追いかける親。
笑いながら走る1歳児。


恐ろしい経験を何度も重ね、
本日
ママとちびちゃん二人だけの外食に至る。

いつもは、大変な外食もパパがいて、
何とか追いかけて捕まえての連携プレイ。


が、今日は、
ふたりっきり。


多少厨房に行きかけたが、何とか乗り切った!



これぞ成長。

この記事へのコメント