ひとりぼっちの保育園

急いで保育園のドアを開けると、
「あ、うちの子の靴下しかない。」

最後になっちゃったか・・・。


可哀想だけど、延長保育もしなくてはならない。

おばあちゃんは、迎えに来たそうだったけど、
できるだけ自分で何とかする体制をつくりたいと思い、
ずっと頑張っています。

ちびちゃんも頑張っています。


ばばだけに頼ると、
ばばがいなくなったとき、どうにもできなくなる。

だから、延長保育。
ファミリーサポート。
知り合いにも頼むときがある。


「だんだんこの時間帯にも慣れてきたようですよ。」
そう言われてほっとした。

ひとりになって、涙目かと思っていたら、
先生とマットで遊んでいました。


でも、やっぱり抱きしめてしまう。
ごめんね、ごめんね。


週6日、保育園。
日曜日もおばあちゃんが1日みていることがあります。


こんな家庭に生まれてしまったから、
仕方ないのか・・・。


きっと強くなるね。

この記事へのコメント