受動受動喫煙

母親になると、妊娠中から健康に気を遣います。

食べる物から、薬、髪の染色剤までも・・・。

そして、避けたいけれど、自分だけではなかなか避けられないのが
「受動喫煙」。


これには、本当にまいった。


地域差があると思いますが、当時よく過ごしていた夫の家(仕事の関係で普段は別居している)の
まわりは、単身世帯ばかりで、歩行喫煙者のオンパレード。

駅まで徒歩4分なのに、駅まで歩く間に4-5人の歩行喫煙者とすれ違います。


そして、今困っているのが
「受動受動喫煙(私が造った言葉)」による赤ちゃんへの被害。


2月も中旬になると、さすがに新年行事はなくなってきましたが、
1月は大変でした。
喫煙者のいる宴会場から帰ると、
洋服はもちろん、髪まですごいたばこ臭(◎_◎;)

帰宅してすぐに服はすべて着替えますが、髪が・・・。


子どもは抱っこしてほしくて、ハイハイして近づいてくるものの、
抱っこできない。

「ちょっと待って、ちょっと待って!」


もうこれしかない!!


ファブリーズを髪に吹きかけ、
タオルでふいた。

髪が傷もうが仕方ない。
背に腹は代えられぬ。


喫煙者の皆さん、母親の思いをどうぞ汲んでください。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック