落ちていた靴下

今朝、北風が吹く寒い駅のエスカレーターの下で、
小さな靴下を発見。

「さっき赤ちゃんを抱っこしたお母さんが通ってた。」

急いで階段を上って探すも見つかりません。

仕方なく、駅員室に行き、落とし物として届けることに。


片方靴下を落として、足が冷たくなっているだろうに。


子どもが生まれてから、よそのうちのお子さんも皆可愛く、愛おしく見えるようになりました。


靴下を握りしめていた右手に靴下の温もりが残りました。
落としたばっかりだったのに、見つけられなかったなあ・・・。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック