0.1トンの攻撃その1

以前にも書きましたが、
私の夫は、「デブ」カテゴリーです。

数年前の結婚式の時だけは、1週間ほぼ絶食ダイエットをして、
シークレットシューズを履いて、
「旦那さん、イケメンだね」
と言ってくださる方もいましたが、
式の終了後から、ケンタッキーフライドチキンを20個くらい一気食い。

それから、ほとんど0.1トンを維持しています。


先日珍しく赤ちゃんと3人で一緒に近所の神社に初詣に出かけると、
「うわっ、すごい長蛇の列!」

境内にたどり着くまでに1時間かかってしまいました。

椎間板ヘルニアと股関節炎に苦しむ私は、
赤ちゃん抱っこの限界。
なんてったって、大きくなってきたわが子は8キロ。


ふとまわりを見ると、
子ども連れって本当に多い。しかも赤ちゃんがたくさん。
「あれ。どこも旦那さんが赤ちゃんを抱っこしてる。」

・・・しかし、うちのパパは、抱っこひもが腰にまわる大きさではない。
3Lサイズの抱っこひもはあるのだろうか。
1483361791188.jpg

参拝で階段を上るとき、腰が限界に達し、足が上がらなくなってきました。
「お願い、落ちないように後ろで支えて。」

しかし、なぜか突き上げられて転びそう。
「押さないで、落ちちゃう。」
悲しいことに、パパのお腹が私たちを突き上げていた・・・(-_-;)


赤ちゃんを抱っこをしてもらえないばかりか、お腹で攻撃するなんて・・・。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック