卵膜剥離

予定日の1週間くらい前に病院で
「予定日を過ぎると胎盤の機能が弱くなってくる」
「陣痛が起こりやすくするために膜をはがしましょう」
と言われました。

これを経験した方は多いと思いますが、
卵膜剥離。

痛いのなんのって。

「1週間以内に陣痛が起こる可能性が高いです」
「明日とか明後日かもしれません。」


ところが、1週間経っても陣痛がこない。

「まさか、またやるんですか?」

ぎゃあ・・・!


前回よりは痛みがましでした。
しかし、2回もはがすとは。


予定日の2日前なのに、私はひとりで電車に乗って病院に行っていました。

家に帰ると、夫がいて、トイレに入っていました。
おでぶちゃんで、食べる量が多いので、1日に4-5回大きな催しがあります。

ちょっと尿漏れしている感があるものの、
私は仕方なく横たわって体を休めていました。
ちょっと眠ったかな・・・。

1-2時間くらい経って、
「あれ、尿漏れ?」
結構な量。

トイレに行くと、また夫が閉じこもっていました。


いやいや、これは・・・破水?!
やば。

「早く出てよ~!!」


病院に電話すると、
「破水してから4時間も気がつかないなんて、信じられない」
「すぐに病院に来てください!」
と言われました。

・・・だって、夫がずっとトイレにいたんです( ;∀;)


かくして、卵膜剥離は、陣痛ではなく、破水になってしまったのでした。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック