手探りの妊活スタート

仲の良い友人が39歳で結婚し、すぐに不妊治療を始めました。

「まだ大丈夫なんじゃないの?」

「そうしようって決めてたの。」
(この友人は二人の子宝に恵まれました。)


私も訳のわからないまま「不妊治療をしなくては・・・!」と思い、産婦人科へ。


かかりつけの病院に行くと、

「うちは不妊治療はしていません。」

「専門医でないとダメなんだ・・・。」

そんなことさえ知らなかったよ。


ネットで調べて、割と近くのGクリニックへ。

「43歳(当時)の妊娠率はこうでああで・・・。
まあ、ほとんど可能性はないけど、それでもやるんなら、うちも頑張りますけどね。」

なんて、キツイ言葉。

でも、きっとこれが現実なんだ・・・と思い、通うことにしました。

「今日はこの検査」

次の生理で
「今日はこの検査」

また、次の生理で
「今日はこの検査」

検査はいつも異常なし。

タイミングの指示だけされる。

何か月経ったろう。
検査を全部済まさないと、治療に入れないんだろう。

「先生、人工授精とかっていつ頃・・・?」

「婚姻していないとできないから。」

「げっ」


こうして、44歳の誕生日に婚姻届を提出することになりました。

キャリアウーマンやってたのに、まったく子づくりの知識がないって、気がついた。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック