パパに似てる

「パパに似てる。」
この言葉が相当嫌らしいちびちゃん。
「似てない!ママに似てるの!」


うちは、実質母子家庭。
パパは、月に一度か二度しか帰らない。

子どもは、他のお友だちのうちとは違うことをちゃんと認識している。


パパのことは好きなのだろうけど、
口にしない。
11番目とか10番目に好きとのこと。


いつもいないから、ちびちゃんはパパに何も期待していない。


ある日、お風呂に入っているときに、
「どうしてママのお腹から出てきたのに、お顔はパパに似てるんだろうね。」と言いました。
「どうしてだろうね。」


あまり似ていると言わないようにしよう…。


posted by new-mom at 00:00Comment(0)日記

うちの子じゃない

仕事でちびちゃんと一緒にお祭りや特別養護老人ホームに行きました。
最近のちびちゃんは、
生意気に拍車をかけていて、
おばあちゃんに話しかけているときにママが口を挟むと怒り、
また、自分の外で違う話が進んでいると怒り、
「もうママなんて知らない!」とか
「絶対許さない!」などと言います。


そんなちびちゃんが外出先で話しかけられ、
口をきかない。
「お名前は?って聞いてるよ」と何度言っても無視。
おまけにプイとする。

とても親切な方で、
「そういう時期なのよ」と理解を示してくださったものの、
母は頭にきた‼

帰りにも手をふってくださる方や、お菓子をくださる方にきちんとお礼も言わず、振り向かずにスタスタ行くちび。


延々と叱り続け、
ちびちゃんは延々と泣き続けた。


「おばちゃん、何も悪いことしてないでしょう?どうして答えないでプイするの?そんなことされたら、悲しくなるよ。」
「そんな悪いことする子は、ママの子じゃない。」
「ママの子~。ごめんなさい~。」
この失礼なちびちゃんに怒りが収まらず、
「反省して、今日はばばの家に泊まりに行きなさい!」
「いやだ~。ママといる~。」

ママは力を失い、
ただただ悲しくなるのでした。

posted by new-mom at 22:13Comment(0)日記