ママ、動けなくなっちゃった

睡眠時間がずっと短かった。
年中仕事をしているわけではないけれども、子どもの世話があると、進まない仕事でも、睡眠が足りなくなります。

保育所に行く支度、連絡帳を書いたり、離乳食を作ったり、ちびちゃんもそこらじゅうを歩いて回るので、簡単につかまえることができません。

夜は、疲れ果てて、ほとんど食事していません。


金曜日は、2時間半の睡眠で、朝から晩まで外にいて活動をしていました。
葛西臨海公園ナイトマラソンで実行委員(副実行委員長)の役割をして、車で帰る途中、頭痛がしてきました。

「やばい・・・。」

早くちびちゃんを迎えに行かなくてはいけないのに、
家で嘔吐してしまいました。


その後、ファミリーサポートのお家に迎えに行き、
抱っこ紐で抱っこして帰る途中、2回嘔吐。
ちびちゃんは抱っこしたまま、心配そう・・・。

また家に帰ってから嘔吐。
合計5回。


ちびちゃんにミルクをあげることも、
お風呂に入れることもできません。


パパは別居。
私の実家は千葉県。

ああ、母子家庭って、本当大変なんだ・・・。

私一人なら、具合が悪くても、何もできなくても、どうってことないのですが、
ちびちゃんがこのままでは眠ることもできない。


パパに電話して、待つも、来たのは1時間半後。


ちびちゃんも私もぐったり。


この生活は、本当にきついなあ。

パパが涙する

先週だったか、
保育所までちびちゃんを初めて送っていったパパ。

大粒の涙を流され、心が痛んだそうで、
戻ってきたら、涙してました(;^_^A

初めて迎えに行った日も、なぜか涙。

お迎えではちびちゃんは泣かないのにね(*_*)

そして、その話をしながら、思い出して涙するパパ。


パパがいない間、私たちは、毎日そうやって頑張ってるんだよ。
ちびちゃんだって、自由にならない保育所で一生懸命慣れるために頑張ってる。


その涙を目標達成への努力に変えてね。


おんぶっ子

ちびちゃんは、おんぶが大好き。

・・・と言っても、ただのおんぶではありません。

走ったり、揺らしたり、飛んだり・・・。
だから、他の人のおんぶはダメ。

ママのおんぶが大好き。


機嫌が悪い時は、
「おんぶしてあげるよ」と言えば、
喜んで後ろにまわり、ごきげん。


身振り手振りなしでも「おんぶしてあげる」と言えば、
すぐにママの背中に移動。


しゃべれないけど、日本語わかるのね(;^_^A

続きを読む