大切な友人

妊娠中参加した母親教室。

つわりがひどくて断念しようかと何度も思いましたが、
頑張って出席した地元の教室。

そこで知り合った友人は関西から越してきてまもない方でした。


赤ちゃんが生まれたときも
お互いに報告し、画像を送り、喜びました。


その友人がダンナ様の転勤のため今月いっぱいでまた関西に引っ越すとのこと。


お互い(といっても私の方が断然上ですが)高齢出産。
初めての出産でわからないことを話し合った。


すでに50歳が見えている私が早く死んでしまったときに、
子どもが誰を頼りにするだろう・・・といつも考えますが、
お腹にいるときから知り合った同級生の友だち。

素敵なご縁。
ずっと友としてつながっていたい。


気持ち、伝わったかな?
一緒に撮った写真、大切にするね。

まさかの肩こり

私は普段、肩こりに悩んだことがありません。

しっかし、今日はえらく肩が痛い。
ストレッチしてもまだダメ。

これは、ひょっとして50肩?!


いえいえ、よくよく思い出してみると、
昨夜、肩車をさんざんやったではありませんか。

赤ちゃんは8キロ越え。
たぶん9キロ近い。

しかも降ろすと怒るので、
わりと長時間のせたまま。


母子家庭もどきは辛いよ。

今日はおんぶでごまかそう。

かつては子ども嫌い

もうすぐ9ヶ月になる我が子。

最近、ママとおでこを「ごっつんこ」するのが大好き。

そのうち痛い思いをするのではないかと心配ですが・・・。


なんだかんだと可愛い子。


思えば、子どものいなかった46年間。

私は子どもが苦手でした。

友人の子どもに何て話しかけてよいのかわからない。
「ちょっと見てて」と言われようものなら、右往左往。

小学生に「おはよう」と言っていいのか、
「おはようございます」と言ったらよいのかわからない。


それが今は、よそのうちの子どもまで可愛く見える。
話しかけ方も上手になった。

不思議だ・・・!