つわり地獄

恐ろしいことに、つわりはすぐにやってきました。
妊娠が判明してから1週間もなかったと思います。

そして、そのつわりは、なんと出産まで続くのでした

大変だったのは、誰にも妊娠を言えなかったこと。

45歳という超高齢の妊娠だから、
リスクは他の妊婦さんの何倍にも。

障がい児が生まれる可能性もそうだけれども、死産や流産の可能性も高い。

だから、誰にも話せない。

仕事はそのまま。
大事な会議、会合。
会場にたどり着くまでに、電車を何度も降り、トイレへ。
ホームにトイレがあればいいのに、そうでない駅も多い。
また、トイレにたどり着いても、長蛇の列の場合も。

そうして、間に合わずに駅の構内で吐くことに・・・(-_-;)

会場にたどり着いたはよいけど、その後もちろん体はもたない。
さらに帰り道も嘔吐地獄。

よく入院する方の話を聞くけれど、もっと大変なんだろうなぁ。

いずれにしても、ずっと隠していた妊娠は、
臨月までほぼ誰にも気づかれず、
産んだ時に「全然気づかなかった!」とびっくりされた方も多かったです。

私を一番助けてくれたのは、小梅ちゃん(飴)。
これで結構吐き気をしのぎました(笑)。